忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

ステージパフォーマンス~脱・ワンパターン!ポーズは無限にある!

さて、今回は動きのパターンは無限にあるというお話です。

考えてみて下さい。
「手を上げる」と言葉にすると1つですが、「手を上げる」という動作は、1つでしょうか?
たとえば…

(てのひら)はどちら向き?
客席に向ける? 横に向ける?
何かをすくう様に上げる?
それとも、下を向けたまま重々しく上げて来る?
途中でひっくり返す?

出発点は?
真下から始める?
横?
斜め下?

軌道は?
真上に突き上げる?
横に半円を描く?
体の前を通す?

スピードは?
ゆっくり? 速く?
途中で速さを変える?

上げ切った時は?
位置は? 角度は?
指の形は?
頭の位置ぐらいで止める?
背伸びするまで行く?
何秒間、止める?

…ほら、「手を上げる」だけでも、無数の要素があるんですよ。
基本的な部分しか書いていなくても、こんなに。
なのに…
殆どの人は、テキトーにスッと上げて、終わり。
下げるのもテキトー。
無数にある「手を上げる」動作が、たった1種類になってしまう…

加えて、体に付いているのは「手」だけではありませんよ!

その時の視線は?

顔の向きや角度は?

腰の向きは?

重心は?

…etc。


「手」だけでなく、全身を組み合わせたものが「ポーズ」です。
そして、1つの「ポーズ」という点から次の「ポーズ」という点への軌跡が「動き」なんですよ。
「動き」=無限にある「ポーズ」×また無限にある「ポーズ」=もう無尽蔵!(爆)
じゃないですか!

上げたら、必ず下げるという動作がありますよね。
あなたは、「上げるをやめた」だけでテキトーに下ろしていませんか?
そうです。
下げ方にも、同じ様に無数のパターンがあるんです。
「力を抜いたら勝手に落ちた」では、あまりにも勿体ない!

いや、待てよ…
「上げてから下げる」ではなくても、先に「下げる」方を見せてもいいんじゃないの?
「下ろさずに、上げたままキープしていてもいいんじゃないの?」
「そのまま歩いちゃえ!」
…などなど、ひとたび想像力を解放してあげれば、次々にアイデアが浮かんで来る事でしょう。

勿論、無数のパターンの中には、綺麗でないもの、場にそぐわないものなども多数あります。
しかし、元が「無数」なのですから、色々と鏡の前で試して、選べば良いのです。
よりどりみどりなんですよ!!!!!

確かに、「見せる」という事は知識や経験の必要な専門技術です。
綺麗に、カッコ良く、芸術的に… とは我流では極めて難しいですが、少なくとも、ただウロウロして、同じ動きを繰り返すワンパターンの呪縛から逃れられるのではないでしょうか?

勿論、事前に何度かやってみた程度では、本番でスッと出ては来ません。
普段から色々と考えて、引き出しの中身を増やしておきましょうね。
急に派手なパフォーマンスをしたり、いつも動きまくり、なんて焦らず、試行錯誤とチェックを繰り返しながら、少しずつ、バリエーションを増やして行くと良いと思います。

ここに書いた事は、ほんのヒントに過ぎませんが、あなたのステージが、
思い付かないものを絞り出して何とか場を切り抜ける苦行
 から
無数のアイデアを自主的に試して行く楽しい創作の場
へと変わって行くきっかけになれば嬉しいです。
PR