忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

ポーズ図解 足が長く見える立ち方1-1

ポーズ図解 足が長く見える立ち方

前回はスタイルは錯覚で変えられる、というお話をしました。

では、どうやったら足を長く見せる事ができるか、ですね。
具体的に、例をお見せしたいと思います。

難しい理屈ではありませんので、理解すれば、色々な所に応用ができます。
分かったからって、すぐに格好良く立てる、という簡単なものばかりでもありませんが…
そこは、日々の努力の積み重ねがものを言います。

登場したばかりのKちゃんですが、自分で描いておきながら少しコワイので、立ち方のお話ですし、、、、、こんな感じで。

足が短く見える立ち方

別の機会にお話ししますが、写真やステージでは、まっすぐ細く立たない方が良いです。
ですので、正面で「気を付け」ではなく、少し足を開いて立っている場合を例に考えてみましょう。

何も考えずに立つと、大体、こんな風になりますかね。
(絵では膝が伸びていますが、実際にはもっとボワッとなっていると思います)

体が前に向いているので、爪先も自然に前を向いています。
実際の目線は、もっと上からになるので、靴の部分は少し長くなって下の様な感じになりますね。


足が短く見える立ち方

ありのままに見えます。
多分、「足の一番下」は踵の位置でしょう。

当たり前ですが…

ほんの少し変えるだけで、足が長く見えるんです。
一体、どうすれば足が長くなるのか???

次回、またKちゃんに登場して貰って、お見せしましょう♪

つづく♪

PR