忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

ちょっと怖いボイトレの話

ボーカルスクールボイトレで頑張っても上手くならないと… 落ち込みますよね。
でも、結構ある事ですよ。
殆どは、生徒さんのせいではありません。

歌に限らず、まともな指導者に習えば、必ず上達させてくれます。
相性の良し悪しや、分かり易さの違いなどはあっても、上手くしてあげられない言い訳にはなりません。
生徒さん側の呑み込みの良さや、子供の頃からの環境などによる差は絶対にありますが、全く上手くならない事はありません(稀に上手くならない人というのはいますが、別の機会に書きます)。

ちゃんと練習する生徒を上手くしてあげられないのは、先生失格ですよね。
でも、まともな指導力を持たない人に指導をさせるスクールもあるんです。
自分で上手くなっていない事に気付いている場合は、まだ救いがあると言えます。

大手のボーカルスクールボイトレに通えば安心、と思っている人にはショッキングかも知れない事実をお伝えしますと…
誰でも歌の先生になれてしまうんです。

試しに、ボイストレーナーボーカル講師の求人の募集要項を見てみて下さい。
秘密でも何でもないので、目にした事のあるものを暴露しますね(何度も似た様なものは見ており、下記は特別な例ではありません)。

応募の条件が、
「キーボードで伴奏ができる方」
「歌が好きな方」
「バンドでボーカルをやっていた方」

え、それは生徒の募集???
いいえ、講師の募集ですよ!
少なくとも、その広告を出している学校に行くと、その程度の人に教わる事になる、という事ですね。

「未経験でも研修があるので安心です!」

一体、研修を何年受ければ、歌ではなく鍵盤の演奏家や、バンドでボーカルをやっていた程度の人が、プロとして歌の指導ができる様になるんでしょうね…
どんな画期的なシステムで、素人を指導者に育てるのでしょう?

お金を払って習いに来る生徒さんと、お金を貰って教えに来るアルバイト指導者の差は、どこにあるんでしょうね。
謎です。
もしかしたら、生徒募集の記事を見たか、講師募集の記事を見たか、の違いだけだったりして!(大爆笑)

ホント、笑えないんですが、笑い飛ばすしかありません。
何で知ってるのって???

色々と面倒だし、もう雇われて、定期を使って習い事でもしちゃおうかなー、と思った事、何度もあるんですもん!(笑)
本気になるには至りませんけれどね。
個人で教えるのって、目に見えない部分の苦労の方が多いのです。
音楽関連のページを見たり、世間の情報をチェックしたり、などは常にしますしね。

先生の時給に対して、生徒さんが払う月謝が… あぁ、設備費ですね。
防音って、お金が掛かりますしね。
夢を壊す様な事を… と言われるかも知れませんが、生徒さんの夢を食い物にしているのはどっちだ、と言いたいです。

教える話になるとボイトレバッシングみたいになってしまうんですが、やっぱり腹が立ちますね。
控えめに、と思ってセーブしていたら、事ある毎にちょいちょい書いてしまったりしていて…

ならば、いっそまとめて書いてしまえ!
…という事でぶちまける訳ですけどね。

こんな事ばかり言っているとボイトレの先生に悪いじゃないか、と言われるかも知れませんが、まともな先生なら同じ事を言いますよ。
同業者に対して怒っています。

生徒さんは、先生を信じています。
尊敬しています。
憧れています。
先生は多分、伴奏が上手かったたり、声が大きかったり、(ボイトレ位でしか遣わない)専門用語を沢山知っていたり、有名だったり…
習い続けたいと思う魅力があるんです(指導力以外で)。
習うと決めたから、そう思いたい気持ちもあるでしょう。
先生には、重~~~い責任があるんですよ。
たとえ、家庭教師アルバイト程度の時給で働いているのだとしても。

ちゃんと教えてくれる所もある、と言う人もいるかも知れません。
あるかも知れませんね、システム的に難しいでしょうけど。
生徒数に対して、指導の技術のある人間なんて、そんなにいないんですよ。
指導できる人間すらいないのに、指導者を育てられる筈が無い。

声楽科卒の人は、そういう所へは来ませんしね。
声楽科と言っても、大学によって雲泥の差がありますし。
基本的に、ああいう所は、ポピュラーに行くのは邪道という考えがありますからね。

「いいボイトレもある」ではなくて、ボイトレであっても「いい先生(当たりの先生)もいる」という表現の方が正しいと思います。
ただ、ボイトレの方針というものがあるので、真っ当な先生であっても、良心のままに教える事ができるかどうかは定かではありません。

楽しい授業、習った気になる授業(「その場で何とか」の様な)でないと、生徒さんは集まらないのです。
即ち、お金にならないのです。
「良い授業=楽しい授業」ではないのです。
そこら辺のボイトレ、特に大手が優先するのは、さて、どちらだと思われますか?

ここまで書いたのですから、ダメなボイトレを見極める方法をお教えしないといけませんね。
(と言っても、「当たりの先生」かどうか位しかお教えする方法はありませんが)
まだまだ続きます。
PR