忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

ボイトレ・ボーカルスクールの問題点

ボイストレーニングボーカルスクール、呼び方、形式は色々あるかも知れませんが、歌に関して教えている部分では、似たり寄ったりかなという印象です。
私自身は、その様な所で教わった事はありません。
いつ頃からでしょうね、増えて来たのは。

日本人は芸能人が好きですし、芸能界デビューと言えば「夢を叶える=素晴らしい事」の様に言われがちですよね。
中でも、音楽は「楽しい」し、簡単に人を感動させられる様な気がします。
得意な楽器で、という人よりも圧倒的に多いのが歌手志望ですね。

理由は明らか、最も簡単(そう)で楽しくて、主役になれるからです。
歌なんて、誰でもできそうでしょ?
バンドのパート別人口で言えば、一番多いです。
次いで、ギター。
ちょっとできたらプロになれそうな気がする。

(キーボードは、子供の頃からやっている人も多く、そんなに簡単なものではないと分かっているせいか、人数の多い割に安易な志望者の数は少ない気がします)

ちょこっとコツを習えば、あるいは頑張れば、自分でもできそう。
実際、バイオリンの様な、物心付いたら習っていないと無理、という楽器よりは望みはありますが…
テレビに出て来る歌手は大した事もないし、「上手い」と言われる歌手のレベルも知れているので、そう思うのも無理はありません。
ナンチャッテ実力派でも、プロとしてもやって行けてしまう事実はあります。
(それだけに、ナンチャッテ実力派間の競争は熾烈だと思いますが)

まぁ、そんな需要があるからこそ、ボイトレボーカルスクールがあちこちにニョキニョキと生えて、成長して来た訳ですね。
勿論、ちゃんと教えてくれるのなら問題は何もありません。
むしろ、全体のレベルが上がるのは好ましい事です。
しかし、そうではないんです。

ちゃんと教えている所もあるのかも知れません、それはあるとしたらどこにあるのか、私は知りません。
(まともに歌える様になっている人はボイトレ特有の問題が無いので、分からないのです)
ちゃんと教えていない所に通った歌手は、はっきり分かります。
そして、テレビに出て来る「実力派」は、残念ながら大体そうですね。

声が異様に響く、素人耳にはとても良い声なのに、歌の基礎がゼロ。
発声からして滅茶苦茶なんです。
バックの伴奏とも融合していなくて、存在感だけ。
音楽として聞こえない。

分かり易い所で言えば、歌詞が何を言っているかさっぱり分からない。
これは技術ゼロの証拠です。
腹式呼吸を誤解しているんでしょう。

それだけではありません。
1つの音を出すのに必要な事は幾つもあるのに、1つもできていない。
音に対して、とってもいい加減…
(音楽に対する敬意が無い、とも言えますね)
イイ声で自分を良く見せる事しか考えていない。

「白い」を「黒」っぽく歌ってしまう、などは「あるある」です…( ̄◇ ̄;)
まともな指導者なら、初歩の段階で注意してくれる筈なんですけどね。
1種類しか声色を持っていないのなら、無理も無いかも知れませんが。
そういうのがトレーニングではないんでしょうか、一体、何を教わっているんでしょうかね?(笑)

そもそも、ボイストレーニングボーカルスクールがちゃんと歌を教えられるシステムを構築するのは困難だと思います。
面倒なので、以後はボイトレと書きますが、ボイトレがダメでボーカル教室ミュージッスクールの歌専攻なら良い、という意味ではありません。

続きます。
PR