忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

ボイトレ選びで人生が決まる?

ダメなボイトレの話で怖がらせてしまったかも知れませんが…(笑)
2つ前に、指導の技術や知識の無い人でも、研修をちょこっと受けてあなたの先生になるかも知れない恐怖についてお話しました。

やるべき事は教本に書いてあるから、その通りに教えれば良いよね♪」
(運良く、その教本の内容が正しかったと仮定しましょう)
しかし、「やってはいけない事」は、いちいち教本に書いていません。

間違い方は人によって違うし、同じ事でも条件によって良い場合、ダメな場合があるし、「この効果が欲しいなら、そうではなくこうしなさい」と指導しなければならない場面もあります。
しかし、研修を受けただけの先生だと、そんな事はできません。

生徒さんは、やってはいけない事を沢山やります。
それは、生徒さんがダメなのではありません。
当たり前の事です。
それを都度、注意するのが指導者なのです。

場面が変われば、気付かずに同じ過ちを繰り返します。
それを毎回、直してあげるのです。
そうして、徐々に理解して、自分で注意できる様になって行くのです。

1回や2回、テキストに出て来た時に教えて終わり、ではないんです。
注意されなければ、ダメだと分かりません。

分からなければ、練習の度に、ダメな事も一緒に「反復」してしまう事になります。
ダメな先生は、教本に書いてある事、研修で言われた事しか指導してくれません。

たとえば、
「おーーー♪」
なのに
「んげーーー♪」
と言っていても、直して貰えないんです。
ひらがなにすると笑えますけど、こういう事、しょっ中あるんですよ。

実際は、これ所ではなく、ダメな事をもっと1度に沢山、やっています。
色んな人達を見て想像するには、喉さえ開いていれば発声O.K.と思っちゃってる、という所ですかね。
大間違いですけどね。

この様な練習を繰り返していると、どうなるか…
分かります???

やればやるほど、癖が体にしみ込むんですよ。
もう、声を出す事とワンセットになってしまうんですね。

声を出していれば、声量だけは付くでしょう(ボイトレに行かなくてもね)。
しかし、その度に「んげーーー♪」ですよ(しつこい様ですが、実際に付くのは、もっと複雑なダメ癖の合わせ技です)。

まぁ、世間の人(業界人を含む)は、それでも声が響けば「上手い」と言ってしまいますから、指摘もされず、本人も気付かないまま、ナンチャッテ実力派への道まっしぐら、という事になる訳ですね。
そのまま、一生いられたら幸せかも知れません。

しかし… ある日。
何か変。
あるいは、どうしても越えられない壁にぶち当たる。
何とかステップアップしたい。
…できません。
土台が間違っているのを、無理やりごまかして来たんですもの。

「ちょこっと何か直せばいい」と軽い気持ちで…
幸い、私の所へ来たとしましょう。

私:あぁ、ハイ、取り敢えず、基礎からやりましょう♪
ナンチャッテの人ガーーーーーン…

ショックでしょう、それはショックですよね。
何年も前に手術して、違和感があるなと思って別の病院で調べたら、「胃の中にハサミが残ってますね、もう1回切りましょう!」…みたいなもんですものね。
(しかも、病気も治っていなかったという…)

私の所だったら、まだセーフですけどもね。

「癖を取る」って、簡単じゃないですよ。
口癖とか、直せます???
大人になってから、歩き方を直すとか。
箸の持ち方の矯正とか…(私、数年前に気付いて未だ矯正中です)

不可能ではないですけどね。
御本人の中では、もう個性やら芸風やら、色々なものが(思い込みですが)でき上がってしまっていたりしますので、それらを全て捨てて、
ハイ、ゼロからね!
…という事になるんですから、勇気が要ります。
アイデンティティの危機です。
明らかにナンチャッテでも、ずっとそれで来ている御本人にはプライドがありますからね。

間違ってデビューなんかしていて、またまた間違って「実力派」として有名になっていたりなんかしたら、万事休す… ですねっ◝( ꒪౪꒪)◜←ごめんね笑うしか無い

まぁ、私の様な人間が付きっきりで指導してレコーディングなどできるのであれば、完全に「いきなりゼロ」という事も無いんですが、やはり、本人の判断で歌えなければ意味が無いじゃないですか。

そうなるには、一旦、ゼロに戻す事が必要です。
無名の場合は、迷う必要もありません。
ナンチャッテの人が自分で思っている「個性」なんて、大したもんじゃありませんからね。
惜しまずに捨ててしまえばいいんです。
本当に必要なものなら、後から戻せます… そんな気にもならないでしょうけどね。
きっと、懐かしい「黒歴史」の1ページになりますよ。(笑)
(↑私は直せるので笑い事になっていますが)

ちゃんとした技術を学んで、自分で色々な事を判断できる様になれば、小手先のワザや、ワンパターンなごまかしに固執する必要はなくなります。

学習能力が高く、よく練習する人ほど、指導者の質が反映されます。
初心者こそ、ちゃんと教えられる指導者に教わらなければならないのですね。

「練習しない」人は上手くはなりませんが、逆に下手にもなりません。
万一、自分の生徒が「下手になった」のを生徒のせいにする指導者がいるとしたら、その指導者には能力が無いばかりか、人間的に問題がある事を疑う必要がありそうです。
練習しない人は、上達はしなくても「下手」にはなりませんから…

う~ん、もっとポワ~~~っとした感じで、
今日も頑張りましょう~❤
楽しんでやれば大丈夫~❤
皆さん、尊敬します~❤
…なんて書いていればウケるのは分かっているのですが、やっぱり私には無理でした!

これからも、好かれるための嘘は書きません。
ビシバシ行きますので、付いて来られるMな人だけ付いて来なさ~いっ!(爆)

さて、一応は終わりなのですが、
「ボーカルスクールの選び方」というより、「ダメな先生から逃げろ!」になってしまいましたね。
(説明した通り、先生の当たり外れなのです)

「こんな指導者はダメ」という事しか言えませんが、具体的には言葉で説明しても分からないので、動画か音声にして御紹介したいと思います。
お待ち下さい。
(読まれている形跡が無ければ、結構放置するかも知れません)
まぁ、この記事を見せて、同意するか、怒って反発するか…でも分かりそうです。(笑)

あ、ボイトレと言っても、そこら辺のボーカルスクールではなく、クラシック系、音大の先生などがボイストレーナーの肩書きを使っている事もありますよ。
紛らわしいですね。
PR