忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

高音を出す方法(インチキばかりで困った!)

もう~~~これはハッキリ言っておきたいです!
これこそ、巷の情報は嘘ばっかりですから。

高音を出すと言ったら高音を出すんです。
ごまかすんじゃないんです。
コツじゃないんです。
(それもあるけど、そこら辺の人の教え方じゃダメ!)

地声なら地声、裏声なら裏声、欲しい音色でバーンと出すんですよ!!!!!
おそるおそる出してから、こっそり音量を上げたり、
低く出しておいて、ずり上げようとしたり、
鼻声にしたり、
口の形をごまかして、発音を変えてしまったり、、、、、

そんなの歌じゃないですよ!
そんな教わり方をしたって、変な癖が付くだけです。
この手の癖は、直すのが大変なんですよ。

裏声地声は、音域によって切り替えるんじゃないんです。
裏声の音色が欲しい時に裏声を使うんです。
「高い声を楽に出す為にミックスボイスを使う」なんて言うボーカルスクールには、笑いを通り越して怒りを覚えます。
できないなら、無責任に教えて欲しくないですね。
困るのは生徒さん達なのですから。
本当に腹立たしい限りです。

音色って、地声と裏声の2種類じゃないですよ。
その中間も全て、無限に使えるんです。
それだけでも、どれだけの表現の幅があるか…!

それから、これから何度も言う事になると思いますが、
「ノド声」「腹声」なんて馬鹿な概念を持っている指導者は、即刻、クビにしていいですよ。
(情けない事に、少なくないです)
喉と腹は役割が違うんです。

上に挙げたようなインチキでなくて、1つずつ、ちゃんと教えますから。
待っててね!
PR