忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

カラオケで歌は上手くなるのか

カラオケで歌は上手くなるのか

先に答えを言います、カラオケで歌は上手くなりません。

「え、上手くなったよ?」という人、いるかも知れません。
いるでしょうね。
それは上手くなったのではないんです。

声を作るのは喉です。
声帯です。
喉の開け方や、あごや口の形などは音色をコントロールする所です。
横隔膜は、息の出し方ですから、声そのものの話には関係ありません。

何故、上手くなったように感じるのか

声を毎日出していると、喉が鍛えられます。
筋肉で声帯を引っ張るのですから、筋トレですね。
すると、より強く引っ張る事ができるようになります。
即ち、高い声が出やすくなります。

又、より長い間引っ張って耐えられるようになると、
音程が安定するようになります。

そして何より、声が大きくなります。
(まぁ、全く何の影響も無い人もいますが…)
  1. 声が大きい
  2. 高い声が出る
  3. 音程が安定している
素人耳には、これで「歌が上手い」となってしまいがちですが、これらは音楽的には歌が上手い事を意味しません。
この状態は単に「声を出し慣れている」だけです。
やめると、完全に元に戻ります。
コントロールの技術が無いままですから。

そして、上記3点に加え、慣れがあります。
上手くなったのではなく、慣れたからやり易くなっただけ。
更に好ましくないのは
できていない状態に慣れてしまう
という事です。

最初は下手だな~と思っていても、何度もやっていると、聴きなれて、そんなもんかなと感じるようになってしまう。
それに前述の他の要因が加わり、上手くなったように錯覚してしまうんです。

次回はカラオケで歌が上手くならない理由に付いて、
その次は、カラオケを使って自分で練習する方法(ちゃんと上達する方法)をお教えします。
PR