忍者ブログ

本物の歌を手に入れるボーカルレッスン~K.JUNOの表現力塾

歌に関する都市伝説を打ち砕き、あなたの謎を解明します! ナンチャッテ実力派にも初心者にも目からウロコの、分かりやすいのにハイレベルなwebボーカルレッスン。色々、考えていますので、増えるのを待っていてね!

カラオケでも歌が上手くなる練習方法


かなり濃い内容になりました。
2011年より無料で公開している恋人たちのクリスマス~ワンポイントレッスンでも、この方法を使っていて、解説もしていますので参考にしてみて下さい。

言葉にするとこれだけか、と思われるかも知れません(勿論、本気で書いたら書き切れません)が、いざ、独力でやるとなったら、そうそう簡単なものでも無いんですね。

カラオケを使って自分で練習する方法

前回、前々回と、何故、カラオケを繰り返しても歌が上達しないのか、説明しました。
カラオケに限らず、自力で一人前になるのは、正直、無理だと思います。
だって、基準が分からないでしょ?
地図も無い状態では、どこへも辿り着けません。

しかし、自分で分かる事もある筈です。
たとえば、

音程が明らかに取れていない所、
音符が速過ぎて付いていけない所、
歌詞が速過ぎて付いていけない所、

…等々。

できないまま繰り返すと、体が間違った動きのパターンを記憶してしまいます。
他の曲でも、同じようなごまかし方をする癖が付いてしまいます。

できない時に必要なのは、反復ではありません。
できる状態になってから、それを体に覚え込ませるために繰り返すのです。

カラオケを使った集中練習の準備

(ここでのカラオケは、練習用の伴奏という意味です。歌が入っていても構いません)

苦手な所を「そこだけ」繰り返し練習します。
ただ、回数をこなすのではありません。
(それだと、最初から最後まで流すのと変わりません)

そこだけ、何度もやるのです。
何に気を付けるのか、まずは1点に集中して。
1点の他にまだあるなら、最初の1点ができたら、プラス、2点目にも注意。
そうして、少しずつ、重ねて行きます。

携帯プレイヤーなら、曲の途中にマーカーを付けられる機種も多いので、説明書を読んでみて下さい。
無理なら、カットしたりして、曲として分けても良いかも知れません。

私も常にやっている事ですし、他の音楽家も、(携帯プレイヤーを使うかどうかは別として)普通にやる事です。
どんな曲にも、難しい箇所、どんな演奏者にも、苦手な所ってあるんです。

慣れていない人は、次の事をやろうとすると、うっかり前の事を忘れてしまいます。
気を付けるつもりでいても、その時になると、必死になって忘れているんですね。

最低限、歌詞だけでも用意して下さい。
そして、気を付ける部分の歌詞に丸印を付けて、どういう風に注意するのか、どんどん書いて行きます。
それを見ながら練習するんです。
歌詞を覚えていても、注意事項を全て覚えていなければダメです。

覚えたと思っても時間が経ったら忘れるので、書く習慣を付けましょう。
その日だけでなく、ずっと使うんです。
自分が、どういう音符の時、どういうパターンの時に、どうなってしまう傾向があるのかも思い出せます(大体、どの人も同じですけどね)。

集中練習の仕方

苦手な所は、まず、そこ「だけ」でいいです。
欲張ってはいけません、逆効果です。
そこだけに集中して、全てを懸けて下さい。
だらだら続けない。
(このオンオフが大事)

もしも難しければ、更に短くして。
カラオケ無しで、ゆっくりできるかどうか確認。

この時点で、勝手に音程を作らないように、カラオケの音をちゃんと聴いて確認する。
これを怠ると、音程をいい加減にする癖が付いてしまいます。

完璧にできる速さまで落として、何度も練習。
できたら、完璧なままスピードを上げて行く。
体の使い方を変えたりしてはダメ。
速さは二の次です。

速くできるようになって来たら、カラオケで「そこだけ」確認。
できたら、その後ろの音を2~3音足して、すんなり繋げられるか確認。
(ここでも、「そこだけ」が完璧な状態でキープ。適当にごまかさない)
できなければ、同じ事を繰り返す。

それができるようになったら、今度は前の音を2~3音足して、同じ事をする。
「そこだけ」が完璧な状態で前後がスムーズに繋がったら、そこは一応、「克服」です!

これを、苦手な箇所全てでやるのです。
たとえ独学でも、カラオケを通して歌っているだけの人とは、もう1ヶ月ぐらいで差が明らかになって来るでしょうね。

勿論、自分で分かる事には限界がありますし、ちゃんと分かるプロ(分からないプロも少なくないのが悲しい現実ですが)の指導とは全く次元が違いますが…


ゆっくりから初めて、弾けるようになったらスピードを上げる、という練習の仕方は、楽器をやっている人にとっては普通です。
しかし、歌だと、何故か簡単に考えられてしまうんですよね。
気合いや気持ちで何とかなる、とか…
逆に、知識や技術ではどうにもならない、という勘違い。
(世界的に実力派として有名な歌手でも、この勘違いはあります)

技術も知識も無いのに、気持ちで何とかなりませんよ。
技術と知識と感性があれば、豊かな表現は自然に付いて来るものです。
技術や知識が要らない、という人に限って、大した感性もセンスも無いまま、今の自分の貧相な世界観を押し付けて感動して貰おうとするんですね。

大丈夫、人間は一生、学び続けられるもの。
歌の世界観とは、あなたが何を感じ、何を考えるか、です。
音楽以外の事にも関心を持ち、意識を高く持って、どんどん色々な事を学んで、あなた自身の内面を豊かにして行って下さいね!
PR